FC2ブログ

りゅうの独り言  福徳圓到來

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へ導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

ふと 思ったことを・・・・

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます









先週まで 暖かかったので 


このまま春が来るのかな?

っと 思ったら・・・


やっぱり まだまだ寒いですね



気がつけば 一ヶ月も更新してませんでした


一月の末から 2月にかけて ちょっと体調が悪かったり

身内に不幸があったりと

仕事以外でバタバタとしておりました



これ クリック してちょーだい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村






でっ 今日は ちょっと 思ったことを




初めに 書いておきますね


決して人に対する ひがみ でもなく

決して 人の批判でもありません



先月 私 せんちゃんの 伯父が86歳で亡くなり


お通夜に行った時のことなんです



せんちゃんも 一応 日蓮宗の僧侶でもありますが


自営業がメインなので 葬儀などやったことはなし


法衣も持っておりません・・・・


まっ 持ってるのは 白衣 改良衣 折五条 白の袴

ぐらいしかしか持っておりません


自分が法衣を持っていないからといって



立派な法衣を着てる方を見て

羨ましいとか思ったことなし

ひがんだりしたこともないですよ

ほんとに



でもですね いろんなところで

お通夜に 行かせてもらったりして

思うことがあるんです


お通夜とかに とても高価な

キンキンきらびやかな 法衣って必要なんですかね?


はなやかな 法衣だからといって

高価なものとは 限らないかも知れませんが


買ったことないので分かりませんけどね(笑)



正直言って 僕は

全く必要ないと思っております


あくまでも 僕個人の考えですよ



今回伯父の通夜に参列させていただいて

思ったことが・・・・・


お通夜の後に お寺さんの お話しがありますよね


きっと・・・・



僕は 人前で話などできないので

話しを聞いてて どうこう思ったりはしないんですけど


隣に座っていた 妻が・・・・


通夜の最後にお話しをしていた

お寺の住職のお話を聞いていて



もちろん小声で僕に


妻の一言・・・



ねえねえ あの住職さんは何を言いたいの?




僕は・・・んっ? なんで?


と思ったんですけど・・・



あっそうか・・・・・・(笑)


せんちゃん気づきました 

妻の言いたいこと・・・・


ご住職のお話は


OO年に 自分は本山に行き OOな修行をしてきて

OO年に 先代の住職の意思であった 本堂を改築して

OO年には 自分の息子が・・・・などなど


亡くなった伯父のことなど なにも話さず


自分こと 自分のお寺の事 自分の息子のこと


そんなことばかり 話していたのです


要するに 妻には

ご住職自身の自慢話・・・(笑)


に聞こえてたみたいだ



実際 僕もそ聞こえましたけどね(笑)


ご住職本人は 自慢話などしてるつもりは無いと思いますけどね


間違いなく 妻には・・・ 僕にもですけど


自慢話に聞こえましたけどね(笑)



間違いなく

お通夜の席で 自分の自慢話など

必要ありませんね!



でも 自分も気をつけなきゃな・・・って思いました


自分では気づかないうちに

相手に対して いやな思いをさせてしまう

話しをしてしまってないかな?


いやな思いのする 行動をしていないか?

なんて 思ってしまった・・・



気をつけなきゃね


...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...













プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR