FC2ブログ

りゅうの独り言  福徳圓到來

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へ導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

私達にある病気、、、2

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~~

せんちゃんです~~~


暖かくなってきましたね・・・・

って せんちゃん ほとんど外に出てないのでwww

あまり 分からないのですが(笑)

今日来てくれた お客様が 

暖かいね~~って 言ってたので

暖かいんだよね・・・(笑)


さて お題

私達にある病気

2回目です

前回の記事を軽くでいいので 読み直してから

読んで頂けると 良いかと思います




それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


本当は病気なしの

神の子、仏の子、如来の子の

私達なのに・・・・・どうして?



私達にある病気

執着、嫉妬、自己中心者 嘘善者にはありますよ


私からのお願い事です


皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ






私達にある病気・・・1




私達にある病気・・・2



「富とは生命のさきはえ」である

大生命の さきはえ なのであります ですから富とは 

その生命が私達の住む現象界に具体化したものなのであります

ですから私達一人一人が 不特定多数の一人一人対しに奉り

相手様の幸福 健康(心の健康)繁栄 そうして最も大きく

大切なお悟りの為に 献上の心持って接し 真実(まこと)の心 

善の波動にて 生命をお与え致す事が大事なので御座います

本当にそのように致しますと 不思議と思われかも知れませんが

自らの病気も治り 健康体と成れるのであります

その原因は当然の事でありますが 心が健康に成りますので 

その精神波動によって あらわれている 肉体が

ご神仏の創造の域に達する為

車で例えるなら 真新しい車(新車)と言うことに成るのであります


私達は神に創造(つく)られた私達なのであります

性的交渉に のみによって 生まれ 生れ出たのではありません

ご神仏は 常日 常時 常秒 私達をお護りお導き下さって居られます

私達は 只それに気付き御禮として 接する多くの人々に

布施行の実践を致せば良いのであると思います

私は当然のこと 皆様も 今より少しだけ頑張って頂きまして

是非そう致して下さい 伏してお願い申し上げます

喜び幸福を求める人々のお役立てに成れる幸福を 実感致して頂き度く思います

全ての癒しは 私達の回りに そうして 近くに そうして 自己に内在し給う 

御神仏無くしては 全然無理ですし 駄目なので御座います

ちょっとぐらいの覚識で上慢に成らぬ方が良いのであります

人々へのお救いの助けは ご神仏の波動であります

主観的導きに 私達が客観的に応じる 心 ありてこそ

現象界での諸業が成就致すのであります

此れが全ての苦痛より脱する 業と行であり ご神仏へ

無条件降伏致せまして 万事悉くが円満に事が運び

喜びと 嬉しさと 感謝の念いの感情が起こってくるのであると

私は信じておりますし 思っております 忘れなく 願いたく思います事は  

中途半端な 善の心 念いを完全に捨てきる事が大事な要件でございます

信仰心を持ちながら 物質第一主義の念いと心を捨て

そこの処より脱却致してください  執する事無く 又

支配される事も無く 頑張って頂きたく思い願うもので御座います

物質と感じ見える処の中に 霊が宿っております

事実この事実の奥に宿り給う偉大なるご神仏の波動

その絶対的霊性の尊厳を自覚致さなければなりません

全てを霊性と視るか 物質と知るかによっても 

全然受け方が違ってくるのであります ですから

その事によって自分自身の霊的尊厳を悟る事も出来ますし

また 不可ともなるのであります 日蓮宗的に申しますと
 
霊々妙々 と観ずれるか 観ずる事が出来ないか の

差が生じるのであります どちらを選ぶも私達の自由意志であります






故 玄龍院龍弘日宣上人より



...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







私達にある病気

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど!

せんちゃんです~~

一週間ぶりとなってしまったな・・・・


さてさて 亡き師匠の文章シリーズ

行きます 今回からの お題は



私達にある病気


けっこうな 長文ですので

気長に 投稿していきたいと思います

が せんちゃん個人的には

ぜひぜひ この文章は 最後まで読んで頂きたいと思っています

難しく感じる処も沢山あると思いますが

何度か読み返していただけると

きっと理解していただけるかとおもいます




それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


本当は病気なしの

神の子、仏の子、如来の子の

私達なのに・・・・・どうして?



私達にある病気

執着、嫉妬、自己中心者 嘘善者にはありますよ


私からのお願い事です


皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ






私達にある病気・・・1






神の子仏の子の本来相には全然(まったく)くない病気

しかし現実には存在している人間の病気 どうしてなんだろう?

と感じて悩む人々も沢山おられると思います

本来相には肉体はなく 今の吾々には肉体があるからだろうか?

と 考える方々 特に真の真理を求める求道者には 特に多いと思います

それは本来相成る 真理の理である 理論を覚っているからだろうと

私は思う訳であります しかし 真理とはただの理屈理論ではない事を

是非知って頂き度く思いますし 私生意気ながらお願い申し上げたく思います

宗教で在るからという思いで 漠然と信じていては 又考えていては

生命(いのち)の働きであります 偉大なる御神仏の癒す力

全てを癒す力の源で御座います 親さまなる 神様仏様の大生命を

知っている つもり だけで終わってしまう危険が共なうのであります

大変有難い事に 私達神の子仏の子に内在する生命(いのち)此の生命が

自己に宿り給う 全ての癒しの大生命成る 親様の大生命なのであります

この生命が本霊なる 霊魂(たましい)の働きなのであります

ですから物質であります肉体を生命で在ると感じたり 見たり致しますと

大変な間違いの問題が起こってくるのであります
(病気、迷い等々)

此で生命と肉体との 主観的視方を覚る最大の必要性を覚って頂きたく思います

私達の大生命は 「ご神仏の いのちの 波動」

客観的に肉体を使用致すことを 先ずお知りください

其の客観的に使用いたします働きの源は

霊の智心 感情 成しとげる意慾 智慧 知性 想念

私達一人一人にある本能 これらが 前述の主観的働きの元なのであります

この働きによって 本来物質なる肉体が 生命の本源なる

大生命の命令ともうしましょうか 下命と申しましょうか

その 波を与える事により動く力となって 生命のまま

それぞれが(肉体の部分)独立の動きと 働きを致すのであります

と 私は思います いかがでございます?

肉体のみでは 自由勝手な行動や 行いは絶対に出来ないのであります

私達は ご神仏の波動と申せます心 この心の働きと 導きにの指導がなければ

都合によって勝手気ままに自滅してしまうのであります

ですから病気に掛かったり 迷ったり悩んだり

他 悪諸行と認めざるをえない状況 状態が現れてくるのであります

(病気は全てそうかと誤解無きようにお願い申します 原因は多種あります)

肉体人間の心? と申しましょうか 意志と申しましょうか

その もの によって支配されて生きている人間は

「必ずと申します」「必ず」不足の原因により障害が表面化致すのであります

私達は神様仏様の大生命で御座います 生命(いのち)の子

そのままの生命の子が私達本来の 実相身であります

神の子仏の子の私達一人一人なのであります

ですから 何らかの懐疑全く皆無にして(全く疑う事無く)天上の親様である

ご神仏に対し奉り 無条件にて従う事が必是なのであります

此のご神仏に無条件に従う事が当然の事でありますので

その結果として 善き事の導きのみが働き給うのであります

すなわち 此れが主観的指導の内に 自らが存在(ある)事となるのであります

こうなりますと 神は愛でありまして お与え専門の親様なのでありますし

仏様も同じ大慈悲の親様なので在りますので

善き事としての結果は 病気無しが成就するのでございます

「全てに於いて 神仏の統治が必要である」

ですから完全に統治されたる私達には 釈尊お示しの

法爾自然(ほうにじねん)そのものの処となりますので

自然と悪い事も 悪いものも 消滅してしまうのであります

大変有難い事でありますので 今すぐ合掌しご神仏に

ご先祖様に御礼と感謝を申し上げたら 大変良い事と私は思う訳で御座います


物質文明の内で 食物を互いに分け合っている間は

何とか生きる事が可能である そうして

とも角生きているように見えるであろう・・・・

此れは 物質主義の人々に対する言葉かな・・・・と思う


しかし私達はいずれか いつか必ず・・・解って頂けると思いますが 

天の主なるご神仏(大生命)より 生かして下さる

力 を 戴いて 生かされながら 普通で言う

生きて行かなければ成らないのであります

この主に従い 今現在の体を働きとして 世の為 人々の為に奔走し

愛業実践の人々は ご神仏の主観的働きに乗じている事になるのであります

この働きに乗じる人は 守護(まも)られ 尊きを受け

幸福となれるのであります

幸福や豊かさの本体は 人々の為のお役立てが

実際に出来る人々の為であり その人々が ご神仏より享受できる

本当の幸福な人なのであります





故 玄龍院龍弘日宣上人より


ま~~だまだ 続きますよ~~~



...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







今世生涯を奉仕へ

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど!

せんちゃんです!


いや~~


暖かくなってきましたね


このまま 春がくるのかな~~~





それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村




今世生涯を奉仕へ




先ず私たちは神性仏生そのものの、神の子仏の子であります事


絶対にお忘れ無き様にお願い申し上げます


吾神なり、吾仏成りでございます


奉仕とは、私たち自身の心、この心を空しくしては全然駄目であります


心空しくしての奉仕は本当の奉仕では無いので在ります


一寸と変に感じられるかも知れませんが、本当なのであります


何も自分の我を生出して良いと言うことでは御座いません


それは私たち自身が全能ではないからで御座います


自分と思い感ずれる自分を、全然捨て去ってこそ


本来の本当の自分「仏性に満たされた自分」が顕れ


出来るだけ多くの人々の為、円満にして執着全然皆無で


無碍の、真実なる現れを内側より、


積極的に生み出すのが本当の自分なのでであります


これが真の自分でありまして


(仏我) (真我) と申します


ですから、この仏我・真我を無くしての


心空しくの奉仕活動は、全然何の結果も生み出さないのでありますし


人々にも本当の喜び、幸福を知って頂くことも出来ないのであります


奉仕とは無碍の本然を発揮致せよ 仏我でなければ駄目なので在ります


無碍の本然言う 「真我」 「仏我」より申しますと


今現在の生活そのものを 良く住みよくしたいと言う


欲望的意欲すらも、一種の執着となるので在ります


このことの理由と意味は 個我となるからであります


真実の奉仕とは生命(いのち)懸けであり 浅い方便では全然いけないので在ります


自分が真の、神の子 仏の子と悟るならば 天国浄土安住の為にも


知り悟らなければならいのであります そうして 無執着にての徳積みと


御奉仕活動が実践できなければ駄目なんです


ご奉仕に対し「相 形に執われないでたのまれる儘に


少しの反抗もなしに如何なることに対してでも 


随時に 随処に 従順に奉仕することが 無罣礙の奉仕である」


我執があっては全然駄目なので在ります


対象に好き嫌いがありましては駄目なのであります


無想であり 無二でなければ駄目なんですね


もし もしですよ 相手より求められ淫欲を与えたと致しましょう


しかし その淫欲に自分は少しも執着も染着も全然皆無ならば


聖者の境地なのであります


私たちもその境地に到達しうるなら到達致したいものでありませんか


不断の希望で在ります・・・ネ


私たちが個我なるものより脱却いたすことが出来ますれば


可能なことでありますと 思います


私たちは修業の場 処にての生涯でありますので


どうしても 個我なるものに支配されるのであります


明るく朗らかな、本当の自由を 一時としても経験いたしていないからでございます


自分の都合の明るさと 朗らかさは当然ありますでしょう・・・・ネ


難しい言葉ではありますが 無罣礙(むけいげ)の自由に飢えているから


小生思いますに、仏我 真我 の事であると信じます


たとえ言葉で「井の中の蛙大海を知らず」と御座いますが


常に今の状態に満足の感を覚(し)っている人


又今の状態より脱却 改善を求めたら仲々進歩、進化を與ること


可わずの人たち等 色々在りますが


いずれも自己の執する我より発する処の 仏我により支配されている事に


精神的波動による悟りが無い為、本当は不自由で在りますのに


それに気付かず生活しているので在ります


せっかくの修業の場、処であります 


この大宇宙の大地に生かされている私たち


もっともっと私たちの霊魂大改善を求め


本質であります 「仏我」 の自由自在の境地を悟り


大いなる生活の場に於いて 無礙なる奉仕活動を


致さなければ成らないのであります


自分のうちに宿る、内面的本質を信じ、確信致すことが必要で御座います


自分都合主義の生活を致していた人が、何かに気付き


自己改善を求め、懺悔の道を選ぶとき 必ず表れるのが、受苦の苦しみであります


今までの自分勝手な生活より脱っし神仏に通ずる、本当の道を求めるとき


今までと全然違う生き方の為、当然の事 


自分なりの苦しみの受体が出てくるわけであります


しかし こう云う人は自ら進んで苦痛を


なめる必要があるのであると 小生思うので在ります


この時初めて、自分勝手な個我が消え去り 御神仏の神我が顕現れるので在ります


この神我(真我)が有難い、自己解放を遂げる原因となるわけでございます


この自己解放は我々に応々にして在る宿業という大変な荷物とでも申しましょうか


重荷よりの開放・・・これが受苦による処の懺悔と成りまして


自己解放と成ります。本人がどのような職業で在りましても全然関係無いので在ります


それはなぜなのか、人は残念ながら回りの人達の職業によって判断いたしたり


想像致したり致すものであります 対象の人達が何であろうと全然関係なのであります


人々を視る時は自分の程度を感じて 自分善人の心を捨てて


整うた心で感じることが必要で在ります


悪人は  受苦を通してのみ 無罣礙(むけいげ)を取りもどす


これが 真実の 真我であります この事で理解できると思いますが


受苦による処の 真の懺悔が真に帰依いたすための 1つの奉仕となるので在ります


「 無罣礙の奉仕なのであります 」


無罣礙とは真の成道であり、全っき神通力によって一切衆生を教化いたし


救済致せる自分の使命であるとの 自覚が根拠であります


ようするに一切衆生への救済奉仕と自分の大使命への 奉仕で在る訳で御座います


自分の成道は 一切の衆生を救いうる成道であるとの 大自覚が忘れては


全然駄目なので在ります。このことを仏教経典に


「 皆倶成就大円覚 」・・・ かいぐじょうじゅだいえんがく と示されています


一切衆生救済教化のことであります


大変厳しく申し上げますと一寸変な な表現でありますが


小さな精神的改善では全然駄目なので在ります


自己を挺身(ていしん)し、前述お示し通りの大円覚を


成就 成満 致すことであります


仏様の四十八願であります処の 1通とでももうせるかとも思うのでありますが


大念願なので御座います


自分大事大切執着の心を 完全放棄いたさなければ全部駄目でであります


自分が その自分自身が執われていては、自らが全然


大円覚に到達いたすことは出来ないのであります


ですから 差別的判断での対応は駄目なんですね 


現象界の生活を、いささかでも良くする為の方便的救済は駄目なんですよ


その域より脱して本当の天国成る、仏国の事を第1義と感じ


実際に奔走し奉仕いたさなければ 駄目だと 言うことであります


執着によって成り立つ?  この世  ですから


この世の執着を放ちて 立起いたさなければ駄目なんですね


私たち自身が救済されるためで在ります


苦しみよりも 幸福の方が大変良いと思います


故 玄龍院龍弘日宣上人より



...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







今日は本の紹介

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます





まいど~~

せんちゃんです!


一昨日からの風

すごかったですね~~~~

昨日は さすがに学校も

臨時休校になりましたね


てか 息子は昨日から学級閉鎖で休みですけどね

小学校ではインフルエンザがまだ流行ってるみたいです

ちなみに うちの子たちは

小学校に入ってから・・・

インフルエンザになったことありません

インフルエンザにならないコツ


インフルエンザに対して 


恐怖心を持たないことです!



それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



さて 今日は本の紹介です


前回の記事で書いた



両親のことを 「うるさいなあ」 と思って悩めるのは

両親がいるからだよね・・・

世の中には 両親のいない子供たちも たくさんいる


子供のことで悩めるということは

子供がいる証

子供のいないご夫婦だって いっぱいいるからね


家族のことで悩めるだけでも

十分ありがたいことなんじゃないのかな




この文ですが









この本から 書かせていただきました



天台宗 酒井雄哉大阿闍梨さま


検索したらとてもすごい方 ってことが

すぐわかると思います


こんなすごい方が書く本って

とても難しく書いてある本が多かったりするんですが


この本 わかりやすく 書いてあって

僕は 小さいころから 勉強もしなくて

成績なんて ・・・・・・ って 感じで

今でも 中一の娘のほうが 漢字はかけるし


そんな僕でも す~っと わかりやすく

入ってくる感じの本でしたよ


興味のある方は 読んでみてください


...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







最近ね・・・

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

せんちゃん どぇ~~す

一週間ぶりの更新になってしまった・・・

いや~~それにしても

だいぶ 春らしくなってきましたね~~


今日で公立高校の受験も終わったのかな?

受験生はとりあえず ほっと してることでしょう

勿論 受験生をもつ親御さんもね

受験生の皆さん 今日はゆっくりお休みくださいな


それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


さて タイトルの 最近ね・・・・

最近ね・・・とっても敏感なんです

身体が・・・・・・・

先週一週間 ちょっとだけ バタバタとした一週間を過ごし

すこ~~し 疲れ気味だったんです

そんな時に限って・・・・・・

子供たちが まあ イライラすることをしてくれて(笑)

子供たちを 怒ってばかりいた せんちゃん

嫁には ちょっと 子供たちに イライラしすぎじゃないの?

なんて 言われ・・・・・・

そんなこと 言われると さらに イライラして・・・(笑)

知らず知らずに 休みの前の日に 

いつもより 多めにお酒を飲んでしまい・・・・

普段 休みの日は 次の日仕事なので

お酒は飲まないのに つい 飲んでしまい・・・・


結果 ・・・ 仕事はじめの 火曜日に・・・

軽い 不整脈がおきて・・・・(笑)


たいしたことなかったので 薬も飲まずに

治まったので よかったけど・・・・・


でもね 思ったんです 最近は

ほんと 敏感に身体にでるな~~~ って

誰だって 子供に イライラしたり

嫁にイライラしたりすると思うんですよ

でも その ちょっとした イライラで

こんなに敏感に身体に出るのか???

って 思ってね~~~~


やっぱり いつも笑っていたいけどさ

そうも いかない時もあるじゃないですか

イライラを我慢して 内に秘めすぎても

余計にイライラがつのって 身体おかしくなりそうだし(笑)

思いましたよ 自分って 不器用だな~~~って

もっと 上手に 発散できればいいのに・・・って

まっ もともと 何やっても不器用だから 仕方ないけどね(笑)


でも そんな時 ある 本を読んでいたら

こんなことが 書いてあったんです




両親のことを 「うるさいなあ」 と思って悩めるのは

両親がいるからだよね・・・

世の中には 両親のいない子供たちも たくさんいる


子供のことで悩めるということは

子供がいる証

子供のいないご夫婦だって いっぱいいるからね


家族のことで悩めるだけでも

十分ありがたいことなんじゃないのかな




その通りですよね・・・・・・・・・


子供がいるだけで 幸せなことなのに

まして うちの子供たちは  とっても健康で

毎日 元気で・・・・それって スご~~く 

幸せなことなのに

ついつい忘れてしまいますよね

目の前の 幸せを・・・・・


ダメですね・・・・・・


その ダメさが 敏感に身体に来てる感じですね(笑)

笑い事じゃないけどね・・・(笑)


なんか この文面を読んだ瞬間に

なんか なんかね すっと したんですよ


この本は 読み終ったら 紹介しますね(笑)


目の前にある 幸せを

忘れちゃいけないよ・・・って ことですね


今 目の前にある 幸せに

ありがとう~~~ですね


...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR