FC2ブログ

北海道伊達市 僧侶と美容師二足のわらじ りゅうのブログ 

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へ導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

人の身になって

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

せんちゃんで~~す

皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ









それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


自分の立場 

自分の事だけを考えないで


相手の身になって 

その人の身になって


物事を考えるようにしましょう


人には いろんな立場があり


いろんな 考えがあり


いろんな 感じ方があって


いろんな 苦しみがあって


いろんな 悲しみがあって


いろんな 喜び方があって


いろんな 幸せの感じ方があるんです


相手の立場を考えて


愛のある!! 


行動を取るようにしよう!








~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







自分の理想

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

せんちゃんで~~す

皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ









それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村






自分の理想に思うところ


使命と感じることに


思いっきり 進め!


無限の生命力が湧き出て来る!


理想を実行できない事を


時間がない・・・


忙しい・・・


体調が悪い・・・


などのせいにしては


ダメ!

ですよ










~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







小言

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

せんちゃんで~~す

皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ









それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



常に 小言を言い続けていたら

失敗が続出して さらに

小言の絶え間がなくなる

類は友を招ぶ 

心の法則によって

小言を言えば

小言を必要とする

事件を引き出すことになる よ









~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・3

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

せんちゃんで~~す


皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ









それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・1



ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・2





ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・3




私達は解っていながらも 病気の事や

災難の事や 苦痛の事 等々ありますが

應々にしてその事や それを時々や ほとんど毎日のように

思い浮かべる方達が 沢山いるとおもいます

特に今現在 病気になってる人や

災難 苦難の中にいる人は 特にそうであると思います

しかしですね その事や それを思うことは

恐怖致している証拠なのであります



大事な事は その「恐怖」する心の働きは 想念感情となり 

その想念は「形」となり「心の所現」として現実として

今より「強烈」な 状態を作ってしまうのであります
(生意気ながら この時は 最初の ゼロ に戻ると良いのです)




私達はご神仏の「子」であることを

覚っていても そうなってしまうのであります・・・ネ

そこで私達はこの状態 この時こそ

私にかかるものは 非実在なり 本当の実在は


何の理由もなく「只完全円満大具足なり」と


神とのつながりを 強調し一所懸命「祈る」事が

とても大切な事なのであります

大事な事でありますので 心して記憶してください


全ての調和円満の創造(うみ)の親は無限でありますがゆえ

完全なのであります

私達に計り知る事の出来ない 大善の偉大なる

権威の顕現なのであります これを悟る為には

自分の心の不健康を「消す」事が必要であります

不健康は すべてが ぜんぶの 癒しを駄目にしてしまいます


ご神仏は前述の通り癒しで御座います

応々私達はその癒しを 心 の内で求めていながらも

現象の 相 形 物質 に心が縛られて

真理なる精神波動に素直に乗じる事が出来ないのであります

結果として 否定的に成って 只苦しむ事と成るのであります

だから その癒しの善を 「否定」 なすような

心の波動は 全然駄目なことで在りますので

神の子 仏の子の 実在の放棄となり ご神仏とのつながりをも

肉体重視の低次元の頭脳判断により 断ずる事となるのであります


大変大事なところであります 良く読んで下さいね


吾々一人一人が神(真理)へ向へよ

心して神(真理)の方へ振り向くことの大切さを悟(し)って下さい

又 苦しめる人 病む人々の為の癒しの為には


自分自身が まず 癒されている 

実際の実相を 悟らなければなりません


ただ相手様の癒しを願うことは

相手の苦しみ 病気などを

認めている事になるのであります


ですから まず 「吾」を完全に癒すことを

絶対に忘れては駄目なので在ります

この事をお忘れ無きようお願い申し上げます





お間違い無きようお願い申し上げますが

決して 医術を否定致す訳ではありません

唯物信仰の人達にとっては 唯一の治療はの方法は 医術に頼り

医術の力によっての快癒を願うのが当然の事なのであります


決して 悪い考えでも 悪い感情でもでもありません

過去にも申し上げ お伝え致して居りますことで在りますが

現象修行途上の私達は 人それぞれの霊魂の状態により

どちら側が 強く持っているかの違いはありますが


精神的法則の部分と 物理的法則の部分の

二つを持っているのが 私達なのであります




ですから 物理的法則の方を強く持っている方は

当然の事 医術を選ぶ方が多いのであります しかしですね

「私達の本質は ご神仏の申し子」であります

ですから もし もしもですよ お医者様が手放したとて 

余り心配致すことは無いのであります



* それの為には 今の自分 今の

「自分に宿り給う」 ご神仏の「生かす生命」

この生命をよ~く お覚(し)り頂きまして

その「波動」の「心」をご神仏の方へ

振り向ける事が 何よりも大切なことであります

ご神仏は全智であり全能であり

限り無き 無限の愛と 大慈悲であります

その大愛のご神仏の生命の分霊が 私達一人一人であります

ですから その大愛 大慈悲成るご神仏を

一時も忘れること絶対無くして

今の吾心に描く事が大変大事であります

「心」に描く事が出来まして 全智全能なるご神仏が

今即 自分 又は知り合いの人 又家族の人々の

苦痛や病気を癒し給いつつある事を

「心」に描いて 信じ 深く深くご神仏に

そうして その人達の内に宿り給う 

ご神仏の大生命に その個霊の生命に

伏して感謝の祈りと 言葉を発する事が必要であります *



元々から在る 苦痛や病気ではないと思うのであります

(霊界での修行も致さず 何度か 何十回か 何百 何千回かの
生まれ変わりの修行者?で 全く改善の無い人で
無理に 激しい修行? を与えられる者?は別であります)


ですから 全癒して当たり前の事であります

ただし 我 や自己の個人的感情を 生出して祈ったり

相手様を視ては駄目であります 

この為には 毎日々の観法が大切で在ります

一所懸命祈り 正しき(真実の)誓いの希望を

祈願致すことであります

この時が初めとなり 慈母の観世音菩薩さまが

顕れ 成就成満致す訳であります

無量にして無邊の働き(無指向)

「吾 業は吾なすにあらず」

「天地の御親神が為し給うのである」

私達は真の理をお伝え致す お使い者となり

その業と行をさせて頂くのであるとの

自覚をしなければならなのであります
(相手献上の精神)


自身應護の我によりての 自由を求むるな

そして 執着するな 又 嫉妬するな



自分の力で生きている間は 普通の事と思いがちですが

全然違うのであります

吾(われ)吾(わが)生くるにあらず であります

神の生命ありて生きるなり であります


自己の働きで生きる者は 自縄自縛に落ち入りやすくなり

苦痛も病気も 悲しみも つかみやすいのであります

そうして自分の思うがままでの心で 事を進めるので

人々を自分の意の思いで 支配致すのであります

此に 自分を縛る状態の精神が存在致しますから

相手をも縛り 自分の思いの 自由にしたくなるのであります

嫉妬 執着 恨み 憎しみ 不平不満 相手非難 全てそうです

しかし ご神仏の申し子なる私達は

生かされている者でありますので 

これを覚(し)り悟る人は 執着も無く 心平和にして 

悉くが安心と安定と安堵の処でありますので

幸福であると覚(し)る事ができまして

私は本当にご神仏に 生かされているとの 自覚が 

神仏の意のままで自然と 生まれてくるのであります

如何なることも このように 感じ 考える事が出来るなら

私が 事 を成しているのではない との

大義の自覚を致さなければ駄目であります

例えば仕事なら仕事によりましても

誰々が仕事を致しているのでは無く 現実は 私 誰々でありますが

誰々の仕事を通して ご神仏が働き給う事を

悟らなければなりません

私達は 神の子仏の子であります ご神仏の入り口の前で 


「吾々の 心 を開き 全開致して」


ご神仏とのつながりを 決して断ずる事無きよう

信じて神仏の生命を 迎合致さなければなりません

小生も含め願いたく思います


「心 全開であればあるほど 神と仏は守護給う

本当のことであります

信ぜよ そして心より感謝致せよ 奉ぜよ」


と 力強く申しお伝えいたします








故 玄龍院龍弘日宣上人より









~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







感謝の言葉

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

せんちゃんで~~す

皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ









それでは これからお願いします

これをね ポチッ って クリックしといてください


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村



ありがたいな


嬉しいな


素晴らしいな


常にこうした感謝の言葉と

想念をもって 境遇に対応して

環境に対して 相対せよ

そこに 実際 


ありがたい


うれしい


素晴らしい 


の状態が現れてくるんです












~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







笑い

この文章は 私 せんちゃんを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話を掲載したものです。
そして 私 せんちゃんの 独り言 や つぶやき を 書いたりもしますね~


まいど~~

せんちゃんで~~す

皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ





これ クリック してちょーだい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村


笑い

笑顔は

心を明るくし

幸せを よびよせます

いつも ニコニコ笑っている人は

身体も元気です

人は 

愉快なときに笑いますが

笑っていると

愉快になりますよ



...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...



最後に これを もう一度 クリック してちょーだい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR