FC2ブログ

りゅうの独り言  福徳圓到來

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へ導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨機応変

この文章は 私 西岡宣龍こと りゅうを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 や つぶやき を 書いてます




まいど~~

宣龍こと りゅうでございます

皆様お願いです

いつも 笑っていて下さいネ

ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ





「当たり前の事を 

当たり前に出来るすごさ」





私事ですが

昨年4月に なりますが

親知らずを抜いたんです


一年以上前から 病んだり 腫れりと

不快な状態が続いていたんですが

我慢にも限界が来て 抜くことに

しかし 親知らずが 歯茎の中に埋まっていて

歯医者では抜けないので

口腔外科を紹介されて 口腔外科で抜くことになる


親知らずが かなり深い位置に埋まっていたらしく

かなり顎の骨を削って抜くことになる・・と

口腔外科の先生に説明され

麻酔は全身麻酔

一本の 親知らずを抜くのに 

全身麻酔での手術になってしまった

しかも 3日間の入院

まっ それは仕方ないので

覚悟を決めて 手術することに

まっ 無事に手術も終わって

今は とても楽になったんです


入院中のことなんですが

手術直後のことです

初めての全身麻酔だったんですが

どうも麻酔が合わないのか・・・・

手術直後 麻酔が思いのほか早く覚めて

とても具合が悪く めまい 吐き気 動悸 等々

気が狂いそうになり・・・・・

しかし 術後2時間は絶対安静

水も飲ましてもらえません


しかし  

術後 1人の看護師さんが 

いろいろ お世話をしてくれていて


その時のことなんですが

術後体調悪くなる人は沢山いるらしく

珍しい事ではないらしいのだが


あまりの 具合の悪さに

どうしても 水が飲みたくて

看護師さんに 水を飲ませてくれないかと頼むが

もちろん 2時間はダメなんですよ~~~


それでも 僕は 動悸がするから薬が欲しいと頼む


もちろん 看護師さんは・・・

西岡さん・・・ 薬あげたいんですけど

2時間後じゃなきゃダメなんですよ




まっ わかっていた返答でしたけどね

でも その看護師さん


病室がとても暑くて 病院の寝巻きも

少しあつてだったせいもあり

体が暑くて暑くて たまらない自分だったんですが

それを 察してくれた看護師さんは


西岡さん 体暑いんでしょ~

Tシャツに着替えますか?

Tシャツのほうが楽なんじゃないですか?

と 言ってくれて

もちろん お願いします と 頼んだ自分


Tシャツに着替えさせてくれた看護師さん

西岡さん ちょっと すぐ戻りますから~

っと いなくなり

もどって来た看護さん・・・・・


西岡さん 先生が無理させなくていいです

って 言ってるので

水飲んでもいいですよ

薬も持ってきたので 飲みましょう


えっ ? まじで 飲んでいいの?

っと 思った僕ですが


2時間は絶対にダメですと

手術前にも言われていたので

まさか 飲んでいいと言われると思わなくて


口をすすぎ 水を飲んで 薬を飲んで

やっと 少し 落ち着きを取り戻した自分


術後のなんで もちろん点滴もしてたんですが

点滴なんて・・・大嫌いな自分・・・

どれぐらいで終わるかな~と

点滴を見ていたら


看護師さんが・・・

西岡さん 早めに終わるように

少しだけ早くしておきますね



その後 寝てしまった自分ですが・・・・



で なにが言いたいかと言うと


看護師さんの行動・・・

一見当たり前のように感じると思うんですが



2時間は絶対安静

何もしてもらえ何のが当たり前

何を頼んでも ダメ って 

言われて当たり前なんですけど


この看護師さんは

僕のその時の 状態をみて

水を飲んでも大丈夫だろう・・・

と 判断したんでしょう

それで 担当医に確認して

水も薬も飲ましてれた



本来ダメと決められても

その時その時の状況によって

判断を変える


これ 出来そうで 出来ないですよね


その時は 僕も麻酔と痛さのせいで

何かを考える余裕もなかったけど


あとでその時のことを考えると

素晴らしい 看護師さんだったな~

なんて 思うんです


この時の 看護師さんの行動に

間違いも正解もないと思うのです


どちらかというと

どんな状況であれ 絶対安静ですから

水も駄目 あれも駄目 これも駄目

ダメなんです! って 言うのが 正解ですよね


だって ダメっていう 理由もあるだろうし

制限する 医学的根拠もあるから

制限するんだろうし



にも 関わらず 僕の状況をみて

担当医に確認する行動ができるって 

すごいな・・・って 思うんです

もちろん 担当医の許可がなければ

できないですけどね



目の前で起きてる状況に応じて

その時その時の 行動を変えることが

できるって 出来そうでできない


看護師なんだから 出来て当たり前だろ!


なんて 思う人もいるかもしれないが

じゃぁ 自分が 普段の生活でも

仕事でも 家庭でも

妻に対してでも 夫に対してでも

子供に対してでも 


臨機応変に対応できてるか?


あ~~ あの時 そうしておけばよかったな~~


なんて 思うことのほうが多い 自分ですが

皆さんは どうですか?




当たり前の事を

当然のように

難なく出来るすごさ 素晴らしさ



この時 たった 2泊3日の入院でも

いろんな 気づきを得ることができました


人間 いつどんな時でも

見る目 視点を変えると

毎日 いろんな 

気づきを得ることができますね








~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







関連記事
前の記事 自分の心次第で 感じる
次の記事 夫婦の調和

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukutokuen.blog.fc2.com/tb.php/234-b824b125

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。