FC2ブログ

りゅうの独り言  福徳圓到來

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の教師 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の教師へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・14

この文章は 私 西岡宣龍こと りゅうを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 や つぶやき を 書いてます






まいど~~

宣龍こと りゅうでございます




皆様お願いです

いつも 

笑っていて下さいネ




ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ





ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・1

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・2

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・3

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・4

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・5

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・6

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・7

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・8

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・9

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・10

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・11

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・12

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・13










ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・14





今の子供たちの内に在り 内在致す


ご神仏の働きの「無限力」を伸ばして頂くために

親御さんの いま一層の努力と

神の子仏の子の無限なる潜在の生命の

躍動を湧出していただきたく思い

書かせていただきます



子供が義務教育を終了し上の学校へ向かう時

高校進学の時でありますが その時

中学の担任の先生より 誰々さんは

OO高校は無理ですよ と宣言されたとき

親は勿論の事 子供達も大変ガッカリ致すと

思うのであります その時

ほとんど全員の親御さんは 大変な心配を致し

何とかならないのか 又 子供に対して

お前が 普段から一生懸命勉強していないから

こう言う事になるんだ 等と

苦情と子供非難を言ったり 


しませんでしょうか?

しかしですね ご安心下さい 

不思議に感じ 思われるかも しれませんが

ご両親が変る事により 

不思議と

周囲が変る事実があるのであります

それは 人々の為 自分が愛の実践

慈悲の実行を致し 

自分自身「かまえる事」全然なく

自分自身の心を「全開」に致し 

自らが ご神仏に向かい 

「愛と慈悲の心で」


育んできた子供の生命の本源であります 

本質を悟り 子供を 

吾々の「肉の子」であると感ぜず

そして 大生命なる 神の子であると

絶対に認める事であります 

認めて 大変大事なことは

大生命なるご神仏より 

お預かりし ご神仏から頂いた

神の子仏の子である真実を感じまして

愛と慈悲によって育んできた

子供たちの名前を書き

 誰々さん あなたは

神の子仏の子の実相であり

完全円満であります 

完全円満であるがゆえ

当然の事 本来は

素晴らしい 素晴らしい

神様仏様の働きによる 

頭脳の持ち主である  と 


「信じ切る」 事が大変大事な

「観念」 なので御座います




前述の所へ戻りますが 例えば

OO高校受験の件と致しましょう この時 紙に 

OO高校「既に」に「進学」出来ましたと

「書い」て「感謝」致す事であります

そして 各祖先霊の流れの内に在る

子供の 生命(いのち)の働きに対して

感謝と報恩の意味から申しましても

ご先祖代々 各個霊に経文の功徳を

毎日読誦し「続ける」事で在ります

形式的な所作にとらわれるのではなく

心の諸作として 誠を創造(つく)る諸作として

「心に描き続ける」


ことが大切であります

描きつ続ける事により この事が

自分の心の世界に 完全に完成完了致した

事に成るのであります ですから

当たり前の事として 現象界に

現象界の事実として 映し出されて

実際に「実現」致すのであります 

此の処に 

本来神の子仏の子の実相に 満たされた 

生命の動きが潜在致して

働き給うているのです 

その潜在の賢い能力を

生出して上げれば良いのであります

心の法則であり 

大生命なる生命の哲学であります

この事を 自分自身が

実際に体験致します事を

小生伏してお願い申し上げます


「人々の愛の実践は 

結果として 私達自身に 

感謝と喜び 嬉しさの

念いの心の波動が

私達の心に 

神の善き波動と共に

流れ入ってくるので在ります」




そういたしますと 

神は愛であり

何でも育んで下さる 

大愛の「主」でありますので

私達の真実の諸行に在っては

「必ず」 「お力添え」


を戴く事が出来るのであります

一発大成功であります 

自分だけが

真実(まこと)に生きればいい 

と言う思想を捨て 

私達の回りの人々

接する人々の 出来るだけ多くの人が

真実に目覚め 

幸福に成ってほしいと願い

日毎日毎の生活を致します方は

全ての事が成就致すのであります 

本当であります


大いなる夢と希望 

願い成就の為には

何かの紙に希望を書き 

それを毎日魔日見て

一所懸命信念を持続し 

念ずると良いのであります

必ず成就致し現実化致すのであります


「真理の実行は 吾心にあります」


吾心にある真理を 

実行致す人は

誰から見ても尊敬されるのでありますし

善い結果を得ますし 

成就致すのであります

子供達の将来の幸福安穏を願いますなら

又 子孫大成繁栄を願いますならば

今 親であります私達が 

真剣に取り組んで

一生の間 一所懸命 

愛の実践 慈悲の実行


を致す事を 

一時も忘れては駄目で在ります

今の間良いからとて 

安心いたすな

生涯は 現象であります 

しかし その奥なる処に

生命であります 

霊魂が存在(ある)のであります

自分で生きている思いを捨て 

ご神仏の大生命によって 

生かされていることを 

自覚致す事であります

其の大生命が 

私達の祖より 私達の親 私達

そして 大事に育んできた 

子供達へとつながって行き

行く行くは子孫の繁栄 

幸福喜びへと

つながって行くので在ります

悉くが出来るだけ 

円満に運ばれる為には

「当然の事である」との大認識のもと

神を奉じ 仏を奉じ 信頼の観持って

より多くの人々の為に 

奔走愛行の実践を

吾が浄財にて 

何の抵抗も感ぜず 

実際に 行動の業を

起こすことが大変大事で在ります



この時 私は経済的に大変だから

致したいけれど無理なんです とか

そこまで致さなくても 

一応頑張っているから

此れでもいいと思う人等は 

本当のご神仏の

お求めに成られている事を 

全然理解致せぬ 

少々残念なお人であると 小生思います


「吾が子孫の繁栄は 

今の自分の内に在る事を」



悟って頂きたく思います

日蓮上人は



悪は 上七代より下七代迄流るるべし」

「善は 上七代より下七代迄流るるべし」




と申し示されて居ります

今現在の 自分の諸行生活が

善くも悪くも 行く行く大変大きな

結果を表すのであります



将来の日本の国体維持の本源と成り

生命線と成る子供達 

そして 今の若い人達の

善き希望成就の為 今の私達が

真理の功徳を「心」より生出して

人々にお与えし 「心」の養いを致し

お伝導(つたえ)致さなければなりません


「無限なる可能性の宿り給う人々を

生かして上げるのが 

私達の‟大使命”であります」




今致さなければ手遅れであります


自分の家の子供だけでなく 

他人の為に 挺身致す事は 

吾の幸福の源であります



常に愛行 徳業の功徳を宇宙の蔵へ

預蓄致しておく必要がある事をご理解下さい

預蓄がありますれば 必要な時いつでも

降りてくる訳であります

陰徳は大変大事なのであります





故 玄龍院龍弘日宣上人より



最後に これを 

ポチッ としてね








~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから








...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







関連記事

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukutokuen.blog.fc2.com/tb.php/267-4085f738

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の教師 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の教師へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。