FC2ブログ

りゅうの独り言  福徳圓到來

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へ導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・15

この文章は 私 西岡宣龍こと りゅうを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 や つぶやき を 書いてます






まいど~~

宣龍こと りゅうでございます




皆様お願いです

いつも 

笑っていて下さいネ




ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ



ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・1

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・2

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・3

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・4

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・5

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・6

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・7

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・8

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・9

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・10

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・11

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・12

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・13

ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・14










ご神仏は偉大 母は偉い! ・・・15





陰徳は大変大事であると申しましたが

その理由(わけ)は・・・・・

親でありましても 実際の真実(まこと)は

私達が 神の申し子 仏様の申し子

「そのもの」どうしなので在るという

真実なので御座います

現象界にては 親と成り 子と成っている

事実でありますが 互いに生かしあう

ご神仏の子なのであります

この事とをご理解いただけますよう

お願い申し上げます ですから

現実現象界にての役目としての

親の立場 この 親が陰徳を積む事は

他を生かす事であり 他の生命を

伏して礼拝致す事ともなり 他の人々の

喜び 嬉しさ 楽しさ 歓喜を生出して

差上げる 影の力と成るわけであります

ですから 特に吾子供達ならば なおさらの事

最も近い存在で在りますので 誰よりも

その子供たちの為に 役立つ諸行の所行と

覚ならば 全く何らの抵抗全然無く

一所懸命頑張る事ができるのであると

小生思うのであります そうでありませんか

感謝の念いを普通の状態での中

忘れる事無く 実践致しますならば

この影の陰徳が実を結ぶ結果が現れるので在ります





「今迄も何度も申しお伝え致しておりますが

人々のお役立ちの為 自らが何かの求めもなく

お与えさせて頂く喜びを覚りながら

一所懸命奔走し 浄財の功徳持って

他人の救済の為の資金と致し 使用致します事は

ご神仏の生命をお与え致す事と 同じ事で在ると

小生は 確信と信念を持ってあります」



私達は神の子仏の子であります

相手の幸福を願うため 先ず第一に

人は全員(みな) 神の子仏の子の

無限なる 実相の持ち主である事を

観じて視る事が真理の理として 

大事なのであります このように

自分が「誰」「彼」全然関係なく

観じ視る事が出来まして 初めて

神の生命 仏様の生命の働きが生き

生み出し湧きいずるのであります

こうして私達は 必要な時に

必要な実力が出るのであります

他人に対しても 友に対しても 子供に対しても

無限力を観じ視る事を出来る事が大事であります

大人にも 子供にも 日本人にも 外国人にも

「ご神仏の無限力が」潜在している事を

認めることであります 今より少しでも良いです

信じて頑張ることです そう致しますと

段々と改善され 神の導きのまま「よく」成ります

そう致しますと 嬉しくなりますでしょ


{その処に「善く」成りたいと言う念いの

欲が出てくるのであります}


誰に致しましても 苦しさや悲しさより

良いほうが嬉しいのが 当然であると思います

子供達の場合は特に 自分が 親は勿論のこと

友達や知り合う人々より 良く見られたいと

素直に思っていると 思います

良い子だねと 褒められたいものであります

此の処が 子供に宿り給う無限の

力(神仏の相互性)の存在なのであります

子供が この 褒められたい 認められたい

と 潜在的に求めている 心の状態を

指導的立場にある親が その事に気づき

内在の働きを引き出して差し上げる行動を

業行として 実際に 愛と慈悲の念いのままで

相手(子供達)を 神の子仏の子の一人として

人格を認め その人の為に 一所懸命

努力致さなければ ならないのであります


自分の子という 又 

自分の理想や 

念いの自由になる子供と

みるのは 全然間違いであります




子供の人格は ご神仏の愛深い

尊きの波動の内にあるので御座います

ですから 

「この人達(子供)を発展途上の

途中で無垢なる 

素晴らしい状態を

破壊致すような言葉や 態度や

強制的指導方法は 

駄目であります かといって 

溺愛では余計に駄目であります」




秩序ある真理のままでの教えに

従う処より発する思いを

ご神仏の念いに変化致し

自らが そうである事を

立証致すことが 必要であります

こう致しますことにより 

子供達も 素直に 正しさと

義しきとを 自然と悟る事となり


「現象現実の親に対しまして

感謝と幸福と喜びの観を

意識致しまして

人間的に大変立派になり

大人となって 回りの人々より

尊敬される人格者と成る訳であります」

(それぞれの置かれた処での立場)


尊敬される為には まず 頭脳の働きと

回りとの調和を計ることの出来る

人間性(理念)が必要であります

「自分はほとんど何でも知っている

との思いは 自分の ”我” を

力強く出しているだけの人であります

もしか致しますと 単なる

権力維持を願う 表面 ”つくり” の

上手い人なのかもしれません です

多分 自分は立派であると 回りの人に

知らせたいのでしょうね」




これ ダメな事であります


能ある鷹は 爪をかくす のでありますし

能なし 鷹は 爪を 出す であります




*人さまより 尊敬される人格者と成る為には

不特定の人達の悦びに お答えさせて頂く為の

愛行と広宣流布が 絶対に必是であります*




「少し不思議に思われる方も居るかも知れませんが

大人や親である私達が 

人々の お役立ちの相を現実の中 

実際に致してる状態を 子供たちは

内在している 本来の霊魂の歓びを

感受致すことが 可能と成る訳であります」


ですから 子供は親の相を見て

育まれるのであります



俺は 私は 親である・・・との

ことだけ では 駄目だと小生思うのであります

お間違い無きようお願い申し上げます


お陰はご神仏のお求めに 素直に従い

ご神仏の導きのままに 伝道実践を

致す事の大切さを悟らなければなりません

(お陰様でさまで という事の意味です)

今よりの日本国 この素晴らしい日本国の

国体維持の立役者たる人達のため

今の私達が 今すぐ実行いたしませんか


本当に私達が行動することにより

子供達の「心」も豊かとなり

神仏礼拝に始まり 先祖への感謝

親への感謝 回りの人々との調和の大切さ等を

覚り 悟れる事となり その人の生涯は

素晴らしい状態での 日毎であると

思わざるをえないのであります

ご神仏に導かれたままでの幸福な一生涯であります

来世も又 調和と幸福の内 

心豊かな状態での生活が保障されるのであります


「報恩の功徳は 

必ず自分に戻って参ります」




物質の人間では無く 神の生命 仏の生命の

私達であるからの結果であります

申しお伝えいたします

子供は神の子です 私達の子ではありません

ご神仏よりの

「おあずかり」

致している

ご神仏の申し子であります

信じて 正しき念いのまま 

ご神仏に 託する事でございます


吾が子は本来 

吾が子に非ず
 


で あります(少し悲しいですか?)

神の子 仏の子 成就(なり)

その神の子仏の子に 私達は

心して 拝む(おがむ)行いを致すのが

当たり前なのであります

お導きのご神仏に感謝御礼申し上げます






故 玄龍院龍弘日宣上人より




最後に これを 

ポチッ としてね







~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから

善に見えても善ではない行動









...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







関連記事
前の記事 自由な心
次の記事 自分の心次第で 感じる

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukutokuen.blog.fc2.com/tb.php/274-6c861e5b

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。