FC2ブログ

りゅうの独り言  福徳圓到來

北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を1人で経営しています 美容師である私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へ導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和顔為説(わげんいせつ)

この文章は 私 西岡宣龍こと りゅうを 日蓮宗の教師へと導いてくれた今は亡き 私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 や つぶやき を 書いてます





まいど~~

宣龍こと りゅうでございます




皆様お願いです

いつも 

笑っていて下さいネ



ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ




『法華経巻第五 安楽行品第十四』



以微妙義(いみみょうぎ)和顔為説(わげんいせつ)

微妙の義を以て 和顔にして為に説け


と説かれております。

人に法を説くとき、その顔は、温かみのあ

る笑顔で法を説くべきであります。





日蓮大聖人様は、『上野殿御消息』に、


「親によき物を与へんと思ひて、せめてやる事なくば一日

に二三度え(笑)みて向かへとなり」

と説かれております。

 『自分の父親・母親に対して何か差し上げたい』

と思って、

何もないとするならば、1日に2度・3度、親に自分

の笑顔を見せる。

それが親孝行につながっているのだと

御指南されているのであります。





家庭の中であっても、

職場であっても、


いかなる場所どんな場合においても 

慈悲の心から顕れた

にこやかな笑顔を皆に注いだならば

必ずその場は、和(なご)やかな雰囲気に

和やかな場と変わっていくものであります。

ましてや、人に法を説くとき

そのときの自分の顔、振る舞いというものは

そうした穏やかな笑顔で

柔和な笑顔に

優しい笑顔で

包まれているということが大切であります。

このような人は、未来において、

必ず美人・美男子になると、

経文に説かれております

外見の美人・美男子ではありません

お間違えないようにね








最後に これを 

ポチッ としてね




img20170210_18150138.jpg







~是非 読んで頂きたい記事~


私達にある病気

寝る前に ちょっとでいいから

善に見えても善ではない行動







...ニコニコ (⌒-⌒) ニコニコ...







関連記事

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://fukutokuen.blog.fc2.com/tb.php/319-02aeb4d7

プロフィール

りゅう

Author:りゅう
北海道の伊達市に住んでる 私 西岡宣龍こと りゅうは 美容師&日蓮宗の僧侶 であります 美を創造つかさの店という名の小さな美容室を 1人で経営しています
美容師である 私 宣龍を 日蓮宗の僧侶へと導いてくれた 今は亡き私の師匠が 生前書き残した法話や 私 りゅうの 独り言 を 書いてます

最新コメント

最新トラックバック

デフォルトカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。